リモートやってみた」カテゴリーアーカイブ

#4.GoogleDriveを使ったリモート演奏データの送り方

Google Driveでデータを送る方法が詳しく知りたい!

という反響が多かったので、

Google Driveを使ったデータを送る方法

画像と共に、解説していきます(*’ω’*)

♪反響のあった記事はこちら

リモート演奏にスマホ1台で参加してみた~データ送信編~

■Google Driveってどこにある?

 

 

この「△」ドライブと書かれているのがGoogle Drive(グーグル・ドライブ)。

↑の画像はPCでGoogleを開いて、左上のオレンジ枠を押すと、中に入ってます。

 

■Google Driveを使ったリモート動画をサイト上にアップロード(読み込み)する

以下は全てスマートフォンでの操作の方法です。

機種によって、デザインは多少変わるかもしれませんので

①最初はGoogleの中の「ドライブ」という所を探してみて下さい。

②十字のマークが「新規作成」ボタン。ここを押してデータUPをして行きます。

③「アップロード」を選択

④一覧の中から送りたい動画や音声を選びます。

選ぶとダウンロードが始まるので、アップロードが終わるまでお待ちください(*’ω’*)

(通信速度が遅かったり、重いデータの場合は平気で20分~30分とかかかるので気長に待とう)

 

⑤アップロードが終わると下記画面から何をするか選択画面が出るので「リンクをコピー」する

リンクの共有:オフの状態だと、リンクを張り付けても共有できないので注意。

 

⑥送りたい先のメールやLINEを開いて、本文の所を長押し→「貼り付け」で、

GoogleDriveのリンク先が出るので、そのまま送ればOK。

【補足】

※見る側はGoogleアカウントとかなくても、誰でも閲覧、ダウンロードできます。

※PCから操作すると、⑤の画面でURLが他の人に漏れてしまうのを防ぐ「制限付き」などの設定もできるので、セキュリティを厳しくしたい人は見る人を限定してからURLを送ると良いかも。

↓PC画面での「リンクの制限」画面

GoogleDriveでゲットしたURLを送れば、例えば出来上がったリモート動画をみんなに確認してもらいたい時とかに一人一人重いデータを送ることなく、リンク先だけコピペして送れば、あとは見る側がGoogleDrive先で見れるのでデータの扱いがとっても楽チン♪

ちなみに送った後に、アップロードしたデータをずっとGoogleDrive上において置かないといけないわけではないので(アップロードしたデータを消すときに「このデータを消してもリンク先を共有している人達は変わらず閲覧できます」って表示されるはず)データが溜まってきたら、確認しながら、必要ないものは整理すると長く利用できます(*’ω’*)

あ!それでも保存データ量が減らない場合

「ゴミ箱」に溜まったまままになってる場合がありますので、そちらを空にすれば一気にデータ保存量が増えるはず。。。(空にしないといつまでもゴミ箱の中に残り続けてます)

 

ということでGoogleDriveでの保存方法の解説でした!

次からは、保存したデータを使って「編集」をやってみたに突入(*ノωノ)難易度高めです!!

 

 

#3.リモート演奏にスマホ1台で参加してみた~データ送信編~

リモート演奏したデータが大きすぎて送れない??

①初めてのリモート演奏でゲットしたデータを編集者に送るときの注意

そうなんです。せっかく撮ったリモートの映像が「メール添付で送れない」

という事態が発生。あせりました(笑)

映像データって「重い」から扱うのにちょっと面倒。

どうやってそのデータを編集者に送るのか、3種類のメール以外の添付方法があったので

実際使ってみて、感想をまとめました。

②データを送るのに目安にしたのはデータの「時間」

・5分以内→「LINE」ベタ貼りでOK。5分以上は送れない設定になってました。

とっても簡単だけど、実は送るとデータ自体をLINEが軽く変換してしまうので

扱いやすい反面、撮った時のクオリティより下がってしまう場合があります。

 

・5分以上→「Google Drive」(グーグル・ドライブ)

グーグルアカウントを持ってる人なら無料で15GB(ギガバイト)までオンライン上の保管サービスが使えるのでおススメ。

新規→ファイル(又はフォルダ)のアップロードでデータをUPしたら

Google DriveでUPした映像で「右クリック」「リンクの発行」でリンクをコピーすれば

重いデータを介さずに見たい人が直接そのURLからダウンロードできるという便利なサービス。

 

・30分とかすごくたくさん撮ってしまった場合→「ギガ・ファイル便」がおススメ(2020年7月現在)

https://gigafile.nu/

1ファイル200GB(ギガバイト)までを無料で転送できる神サービス(しかも基本無料)

ここにデータをアップして、URLをゲットすれば、どんなに重いデータでも送ることができる。

 

③データの劣化を防いで送る場合は「Google Drive」が扱いやすくておススメ

スマホで撮った映像や録音素材を送るのに、LINEは扱いやすいけれど、データの質を軽くするために「エンコード」という「圧縮作業」が自動でされていて、本来撮ったクオリティよりちょっと下がってる可能性があることを送ってみて知りました。(撮ったデータのプロパティとLINEで送ったデータのプロパティを比べてデータの大きさが違ってて気付いた)

パッと見は分からないけれど、編集して映像を拡大したりするとちょっとだけど、その荒さが見えてしまう場合があるので、撮った時のクオリティと同じ状態で送れる「Google Drive」や「Giga-File便」などを使った方がひと手間かかるけど、編集することを考えるとより良いものが作れるかなと。

そして、無事に送ったデータを使ってもらって出来た動画がこちら!!

・・・初めてのリモートデビューです。久しぶりに歌った本番はクラシックではなかったけれど、それでも歌い手として、コロナ禍で自粛をしながら唄うための第一歩は大きかったと思ってます。

感動もひとしお、次は私自身が「動画制作」をすることになろうとは・・・

ということで、次はそんな「動画制作・編集」をすることになった私が体験した様々な気づきを備忘録としてまとめたいと思います!

 

 

#2.リモート演奏にスマホ1台で参加してみた~録画編~

スマホ1台でリモート演奏できるのか??

【持ってたもの3つ】

1.スマホ(主に録音、録画用)

2.イヤホン(録音時に伴奏が入らないで聴くため)

3.タブレット(伴奏を聴く用)

【買ったもの2つ】

1.MP3プレイヤー(伴奏聴く用)←タブレットがあれば代用可

2.スマホスタンド(スマホ固定用)

①ということでリモート録音を開始

リモート録音で手間取ったのが「カメラ位置」

リアルに歌ってる姿の映像も必要だったので、自分の姿をどう撮るかはリモートやった人は悩んだのではないかしら。

私は身長164cmと女性にしてはまあまあ身長があったので自分の顔より上にカメラを設置するとなると、棚の上に置くだけでは顔が撮れなくてスマホホルダーで自分の身長より上にセッティングしたらようやく顔(上半身)が入った映像が撮れました。

 

②撮り方は2つ

1.音と映像同時に撮る

2.音と映像別に撮る

1.音と映像を一緒に撮る場合:

・スマホの録画機能で一気に撮る

伴奏音が録画に入らないようにイヤホンで他のデバイスで聴きながら録画する

 

2.音と映像を別々に撮る場合:

・音→スマホの録音機能orアプリで声だけ録音する

(伴奏音が入らないよう他デバイスで聴きながら)

・映像→スマホの録画機能で撮る

(映像の音は使わないので伴奏はイヤホンで聴かなくてOK)

 

③実際リモート撮ってみて感じたこと

ということでスマホ1台でも、リモート演奏を撮ることができました。

映像は最近のスマホはとても画質良く撮れるので案外満足だけど、音に関してはノイズが入ったり、刺客が現れたり(笑)で音楽をやってる身としては、課題もあるかなと。

編集をする人がそういう「音の編集」ができるソフトでノイズなどを消して貰えるとよりリモートしやすくなるかなあと思いました。

次回は、リモート演奏にスマホ1台で参加してみた~データ送信編~

リモートできたデータを送るのにも一波乱あったなんて・・・〈つづく〉

#1.リモート演奏をやってみた~消えた本番~

 なくなった本番を取り戻せ!

これは、コロナで歌う場所がなくなってしまった歌い手が

音楽を続けるために悩みながらも

ICTを駆使して活動を続けようと奮闘するお話しです。

~コロナで歌う場所がなくなったオペラ歌手~

①悩んでばかりもいられない

②リモート演奏という新しいワード

③ということでリモートで本番不足を解消することに

ここからはブログ形式で

実際にリモート演奏にチャレンジしてみて

どうなったかの体験談をUPしていきたいと思います。

 

がんばっぺ!