投稿者「admin_opera」のアーカイブ

#5.リモート演奏で編集してみた~40人超えの編集で必要なこころがまえ~

リモート演奏参加40人以上の「編集」をしてみた!

前回、初めての「リモート演奏」に参加をして、無事動画にして貰ったったのもつかの間、次のリモート演奏のお誘いがあったのですが・・・

なんと参加者数が40人以上!!
どうやら前回20人程のリモート編集をしてくれた、「ジーニー似」の歌い手仲間のPCがすでに編集の重さに限界が来ているという話を聞いて、PCのスペックを確認したら若干私の方が高かったようなので「編集分担制」で動画を制作することになりました。

リモート編集に必要なのは大きく分けて「音編集」「本編映像編集」「エンドロール編集」の3つ

ということでPCへの負荷を軽減するため「編集を分担」してそれぞれ出来たパーツを組み合わせて一つの動画にするために、まずは編集がどんなパーツに分けられるかを整理したところ・・・
大きく分けて「3つのセクション」に分けられそうという結果に。
私はその中でも「本編編集」で送られてきた約200GBのデータを使って映像編集をすることになり(Youtube動画なら480Pで約200時間!位見られる容量のでかさ)映像のデータ扱いに圧死しそうでした。。。

編集に必要な3つのセクションその①
「音編集」

・リモート録音の場合、伴奏パートを聴きながら声だけの録音をしたデータを一つにまとめた(重ねた)後に、音楽編集ソフトを使って色々な効果を入れて調整して、なるべく違和感のない音質に仕上げていく作業。私はAdobeのAuditionというソフトで編集するのですが、以下の3つの調整をかけています。ご参考までに。

【①ホワイトノイズ消去】→無音時の「サーー」という周囲の環境音の除去

【②リバーブ(残響/エコー)をかける】→ホールで演奏しているような空間を演出

【③音質調整】→音割れや音量バランスの調整

 

音編集の大変な所は、「効果をかけても確認するのが波形と自分の耳」ということ。
他の編集もそうだけど、基本的に変更は「数値」をいじって、結果どう反映されたかを「自分の耳や目」で判断するので、何が良いと判断するかは自分のセンスもおおいに必要。
やればやるほどわからなくなってくる「沼」現象にさいなまれるので、いかに普段ふつーに聴いている音楽って、実は神編集してるんだなって実感しました。
有料のソフトはその辺ある程度テンプレートのように選択できるようになってるので編集時にはとっても助かります。

編集に必要な3つのセクションその②
「本編映像編集」

・私が担当したのがこの「本編」の映像編集。編集ソフトはAdobe Premiere pro使用。

【①映像配置(クロップ/速度デュレーション)】→どの場面にどの映像を置くか(激重作業)

【②画面転換/効果(トランジション)】→次のシーンに行くときに画面の切り替え方法

【③色合い(カラー補正)】→全体の色味を調整

【④テロップ(字幕)】→タイトルや字幕などを挿入

【⑤いろんなエフェクト(フレア=光/モーションなど)】→シーンが生き生きとしてくる

 

とにかくこの作業は「PCのスペックが高くないと地獄を見る」ことになる。
上記の①~⑤を見てもらっても分かる通り色んな効果を重ねていく作業になるので、効果を重ねれば重ねるほどPCへの負荷がどんどんかかっててきて、映像をプレビューした途端・・・

なんか画面カクカクする→下手したらPCごとオチる発狂

 

まるで「タイムループホラー」のように悪夢を繰り返しながらの編集作業となるわけです。

編集に必要な3つのセクションその③
「エンドロール編集」

映像の最後に入れる「クレジット」=作品の制作に関わったキャストやスタッフのリストを並べたもので、簡単に名前を挿入するものから、エンドロールだけでも一つの物語が見えるような演出をするものまで幅広く作られているもの。最初に入れる場合や、クレジット無しの映像もあるけれど、作品における重要な構成要素でもあるから、大切に扱って損はない。

編集方法は「本編映像編集」と変わらない。
ただ、テロップで名称や名前を出すのが主な構成のため、順番や誤字脱字など間違わないようにチェックするのが大変。

 

ということで、リモート演奏の編集で40人以上の動画を作ろうと思っている場合は、これらの作業をこなせる少なくとも以下の4点の心がまえが必要だと思い知りました。

大人数のリモート演奏の編集で必要な心構え④つ

大人数の動画編集をする場合の心がまえ④つ

①無制限に使用できるWiFi環境(最重要)
・データのやり取りは無限に沸き起こるので容量決まってると無理

②ハイスペックPC
・編集ソフトをダウンロードして作業に耐えられないと発狂する

③優良編集ソフト
・料理で言えば「調理器具」みたいなもの。良い器具を使えば凝った料理ができる

④根性
・画面は必ずと言っていいほど「カクカク」し始めて編集は死闘と化す。耐えるのだ

 

結局のところ「リモートの人数」によって、少なければスマホアプリで対応できるだろうし、大人数であればあるほど編集環境を揃えていかないと対応できないということ。

次はその根性で乗り切った「本編編集」をもう少し掘り下げて
編集ソフトAdobe Premiere Proを使って実際下記①~⑤を編集した内容を順次公開して行きます。

「映像編集」でやったこと

【①映像配置(クロップ/速度デュレーション)】→どの場面にどの映像を置くか(激重作業)

【②画面転換/効果(トランジション)】→次のシーンに行くときに画面の切り替え方法

【③色合い(カラー補正)】→全体の色味を調整

【④テロップ(字幕)】→タイトルや字幕などを挿入

【⑤いろんなエフェクト(フレア=光/モーションなど)】→シーンが生き生きとしてくる

 

さらに次は
「リモート演奏支援企画に応募/編集からYoutube動画投稿」まで

全てやることになった記事も平行でUPしていきますので

・コロナで演奏活動を自粛せざるを得ない音楽家
・音楽活動や芸術活動をどんな形でも続けようと一生懸命頑張ってる人達
・リモート演奏に興味がある人
・映像編集のやり方が知りたい人
・なんか知らないけど新しいことしてみたい人(笑)

 

今舞台に上がれない悔しさに負けないで頑張ろうとしている人達へ
音楽の世界で生きてきた私自身が失敗したり、経験した体験を記事にすることで、少しでも創作活動の参考になればいいなと思ってます。

頑張れ!俺!!←

#4.GoogleDriveを使ったリモート演奏データの送り方

Google Driveでデータを送る方法が詳しく知りたい!

という反響が多かったので、

Google Driveを使ったデータを送る方法

画像と共に、解説していきます(*’ω’*)

♪反響のあった記事はこちら

リモート演奏にスマホ1台で参加してみた~データ送信編~

■Google Driveってどこにある?

 

 

この「△」ドライブと書かれているのがGoogle Drive(グーグル・ドライブ)。

↑の画像はPCでGoogleを開いて、左上のオレンジ枠を押すと、中に入ってます。

 

■Google Driveを使ったリモート動画をサイト上にアップロード(読み込み)する

以下は全てスマートフォンでの操作の方法です。

機種によって、デザインは多少変わるかもしれませんので

①最初はGoogleの中の「ドライブ」という所を探してみて下さい。

②十字のマークが「新規作成」ボタン。ここを押してデータUPをして行きます。

③「アップロード」を選択

④一覧の中から送りたい動画や音声を選びます。

選ぶとダウンロードが始まるので、アップロードが終わるまでお待ちください(*’ω’*)

(通信速度が遅かったり、重いデータの場合は平気で20分~30分とかかかるので気長に待とう)

 

⑤アップロードが終わると下記画面から何をするか選択画面が出るので「リンクをコピー」する

リンクの共有:オフの状態だと、リンクを張り付けても共有できないので注意。

 

⑥送りたい先のメールやLINEを開いて、本文の所を長押し→「貼り付け」で、

GoogleDriveのリンク先が出るので、そのまま送ればOK。

【補足】

※見る側はGoogleアカウントとかなくても、誰でも閲覧、ダウンロードできます。

※PCから操作すると、⑤の画面でURLが他の人に漏れてしまうのを防ぐ「制限付き」などの設定もできるので、セキュリティを厳しくしたい人は見る人を限定してからURLを送ると良いかも。

↓PC画面での「リンクの制限」画面

GoogleDriveでゲットしたURLを送れば、例えば出来上がったリモート動画をみんなに確認してもらいたい時とかに一人一人重いデータを送ることなく、リンク先だけコピペして送れば、あとは見る側がGoogleDrive先で見れるのでデータの扱いがとっても楽チン♪

ちなみに送った後に、アップロードしたデータをずっとGoogleDrive上において置かないといけないわけではないので(アップロードしたデータを消すときに「このデータを消してもリンク先を共有している人達は変わらず閲覧できます」って表示されるはず)データが溜まってきたら、確認しながら、必要ないものは整理すると長く利用できます(*’ω’*)

あ!それでも保存データ量が減らない場合

「ゴミ箱」に溜まったまままになってる場合がありますので、そちらを空にすれば一気にデータ保存量が増えるはず。。。(空にしないといつまでもゴミ箱の中に残り続けてます)

 

ということでGoogleDriveでの保存方法の解説でした!

次からは、保存したデータを使って「編集」をやってみたに突入(*ノωノ)難易度高めです!!

 

 

#3.リモート演奏にスマホ1台で参加してみた~データ送信編~

リモート演奏したデータが大きすぎて送れない??

①初めてのリモート演奏でゲットしたデータを編集者に送るときの注意

そうなんです。せっかく撮ったリモートの映像が「メール添付で送れない」

という事態が発生。あせりました(笑)

映像データって「重い」から扱うのにちょっと面倒。

どうやってそのデータを編集者に送るのか、3種類のメール以外の添付方法があったので

実際使ってみて、感想をまとめました。

②データを送るのに目安にしたのはデータの「時間」

・5分以内→「LINE」ベタ貼りでOK。5分以上は送れない設定になってました。

とっても簡単だけど、実は送るとデータ自体をLINEが軽く変換してしまうので

扱いやすい反面、撮った時のクオリティより下がってしまう場合があります。

 

・5分以上→「Google Drive」(グーグル・ドライブ)

グーグルアカウントを持ってる人なら無料で15GB(ギガバイト)までオンライン上の保管サービスが使えるのでおススメ。

新規→ファイル(又はフォルダ)のアップロードでデータをUPしたら

Google DriveでUPした映像で「右クリック」「リンクの発行」でリンクをコピーすれば

重いデータを介さずに見たい人が直接そのURLからダウンロードできるという便利なサービス。

 

・30分とかすごくたくさん撮ってしまった場合→「ギガ・ファイル便」がおススメ(2020年7月現在)

https://gigafile.nu/

1ファイル200GB(ギガバイト)までを無料で転送できる神サービス(しかも基本無料)

ここにデータをアップして、URLをゲットすれば、どんなに重いデータでも送ることができる。

 

③データの劣化を防いで送る場合は「Google Drive」が扱いやすくておススメ

スマホで撮った映像や録音素材を送るのに、LINEは扱いやすいけれど、データの質を軽くするために「エンコード」という「圧縮作業」が自動でされていて、本来撮ったクオリティよりちょっと下がってる可能性があることを送ってみて知りました。(撮ったデータのプロパティとLINEで送ったデータのプロパティを比べてデータの大きさが違ってて気付いた)

パッと見は分からないけれど、編集して映像を拡大したりするとちょっとだけど、その荒さが見えてしまう場合があるので、撮った時のクオリティと同じ状態で送れる「Google Drive」や「Giga-File便」などを使った方がひと手間かかるけど、編集することを考えるとより良いものが作れるかなと。

そして、無事に送ったデータを使ってもらって出来た動画がこちら!!

・・・初めてのリモートデビューです。久しぶりに歌った本番はクラシックではなかったけれど、それでも歌い手として、コロナ禍で自粛をしながら唄うための第一歩は大きかったと思ってます。

感動もひとしお、次は私自身が「動画制作」をすることになろうとは・・・

ということで、次はそんな「動画制作・編集」をすることになった私が体験した様々な気づきを備忘録としてまとめたいと思います!

 

 

#2.リモート演奏にスマホ1台で参加してみた~録画編~

スマホ1台でリモート演奏できるのか??

【持ってたもの3つ】

1.スマホ(主に録音、録画用)

2.イヤホン(録音時に伴奏が入らないで聴くため)

3.タブレット(伴奏を聴く用)

【買ったもの2つ】

1.MP3プレイヤー(伴奏聴く用)←タブレットがあれば代用可

2.スマホスタンド(スマホ固定用)

①ということでリモート録音を開始

リモート録音で手間取ったのが「カメラ位置」

リアルに歌ってる姿の映像も必要だったので、自分の姿をどう撮るかはリモートやった人は悩んだのではないかしら。

私は身長164cmと女性にしてはまあまあ身長があったので自分の顔より上にカメラを設置するとなると、棚の上に置くだけでは顔が撮れなくてスマホホルダーで自分の身長より上にセッティングしたらようやく顔(上半身)が入った映像が撮れました。

 

②撮り方は2つ

1.音と映像同時に撮る

2.音と映像別に撮る

1.音と映像を一緒に撮る場合:

・スマホの録画機能で一気に撮る

伴奏音が録画に入らないようにイヤホンで他のデバイスで聴きながら録画する

 

2.音と映像を別々に撮る場合:

・音→スマホの録音機能orアプリで声だけ録音する

(伴奏音が入らないよう他デバイスで聴きながら)

・映像→スマホの録画機能で撮る

(映像の音は使わないので伴奏はイヤホンで聴かなくてOK)

 

③実際リモート撮ってみて感じたこと

ということでスマホ1台でも、リモート演奏を撮ることができました。

映像は最近のスマホはとても画質良く撮れるので案外満足だけど、音に関してはノイズが入ったり、刺客が現れたり(笑)で音楽をやってる身としては、課題もあるかなと。

編集をする人がそういう「音の編集」ができるソフトでノイズなどを消して貰えるとよりリモートしやすくなるかなあと思いました。

次回は、リモート演奏にスマホ1台で参加してみた~データ送信編~

リモートできたデータを送るのにも一波乱あったなんて・・・〈つづく〉

#1.リモート演奏をやってみた~消えた本番~

 なくなった本番を取り戻せ!

これは、コロナで歌う場所がなくなってしまった歌い手が

音楽を続けるために悩みながらも

ICTを駆使して活動を続けようと奮闘するお話しです。

~コロナで歌う場所がなくなったオペラ歌手~

①悩んでばかりもいられない

②リモート演奏という新しいワード

③ということでリモートで本番不足を解消することに

ここからはブログ形式で

実際にリモート演奏にチャレンジしてみて

どうなったかの体験談をUPしていきたいと思います。

 

がんばっぺ!

 

コンサート【ラ・ブリランテ】


»チラシ裏面

日時・場所

2018年8月18日(土)
13:00開演/11:45開場(ランチ開始/12:00)

音楽ビヤプラザライオン
・東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A3出口より徒歩3分
・JR「新橋駅」より徒歩8分
・JR「有楽町駅」より徒歩10分)

〈アクセスマップ〉
http://www.onpla-lion.com/access.html

〈Googleマップ〉
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3+%E9%8A%80%E5%BA%A7%E5%BA%97/@35.669139,139.7610953,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x60188be62e1e4f99:0x8200fa9fe3cd8e12!8m2!3d35.669139!4d139.763284

主催/角田音楽企画

チケット料金

チケット/7,500円
(音楽料、ランチ、デザート、コーヒー付)

プログラム

夏の思い出
茶摘み
村祭り
我は海の子
歌劇「ボエーム」より/ムゼッタのワルツ
歌劇「カルメン」より/ハバネラ
涙そうそう
瑠璃色の地球
少年時代、他

角田音楽企画さまが
女性ユニットをプロデュース。
その中のメンバーに
入れていただきました(*ノωノ)クラシックメインというよりは
60年代~70年代の昭和ポップスを
たくさん歌います。

あのきらきらした有名2人組の曲とかも
入ってたり(*’ω’*)ちゃらららっちゃっちゃっちゃ♪

振付覚えなきゃ~(V)o¥o(V)

オペラ【フィガロの結婚】


»チラシ裏面はこちら

〈PONTE NUOVO制作〉
◆Le nozze di Figaro(フィガロの結婚)
モーツァルト作曲

2018年7月7日(土)
彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
https://www.saf.or.jp/arthall/access/
(JR埼京線与野本町駅(西口)下車 徒歩7分)

全4幕ハイライト、イタリア語言語上演、字幕つき

指揮:坂本 和彦
演出:三浦 安浩
舞台監督:南 清隆
ピアノ:奥谷 恭代/風間 優子

出演

アルマヴィーヴァ伯爵 江原 実
アルマヴィーヴァ伯爵夫人 村松 尚子
スザンナ 市村 柾美
フィガロ 品田 広希
ケルビーノ 古澤 真紀子
マルチェッリーナ 庄 智子
バルトロ/アントーニオ 山﨑 岩男
バジリオ/クルツィオ 持木 悠
バルバリーナ 小林 美央
花娘Ⅰ 上田 知華子
花娘Ⅱ 篠田 理佐子

≪チケット≫

指定席4500円(一部自由席4000円)

これぞオペラの悲劇の王道!ラ・ボエーム公演


boheme_チラシ表boheme_チラシ裏


今回で4回目の主催公演です!

今までは楽しく、笑いながら
楽しく観ていただく作品ばかりでしたが
今回は初の悲劇です。

見どころは
何と言ってもキャストが実力派揃い!
今、中堅でオペラ界を支えている
すごい方ばかりです。

一緒の舞台に立てるなんて
私が一番震えるわ、、、(*_*)

さらに今回は最強の布陣
演出協力にはあの、「行列のできる演出家」として
全国的に有名な岩田達宗さんが
助言して下さることになりました。

これは劇場がふっとぶ位のエネルギーが
舞台に生まれそうです。

若者の情熱と現実社会とのひずみに
生まれる、ひたむきな愛と無常な運命に
翻弄される男女の物語。

オペラを観ると
いつの間にか音楽の波に全身が包まれて

「芯から魂が震える」時がやってくる。

2016年、そんな特別な体験をしませんか?

熱ーーーいオペラを観に来て下さい!!

■第4回オペラ公演日時:2016/2/24(水)
■時間:(昼公演)13:00~/(夜公演)19:00~開演

■演目:ラ・ボエーム(原語/日本語字幕予定)作曲:プッチーニ
■主催:いちおぺら(ICHI-OPERA)
■協力:(公財)としまみらい文化財団
■監修:坂本和彦(としま未来文化財団芸術監督)
■演出協力:岩田達宗
■指揮:苫米地英一※プロジェクションマッピング演出
■ピアニスト:下岡達朗

■チケット4000円(全自由席)1月~発売予定

<チケット取り扱い>

としまみらいチケットセンター
TEL 03-3590-5321(10時~19時・偶数月第3月曜日は17時まで)
チケットセンター窓口またはお電話での予約・申し込みとなります。

いちおぺら ウェブサイト(当サイト)
下記リンクよりお申込みできます。

【キャスト】

昼公演 夜公演
ミミ 党静子 廣田美穂
ロドルフォ 上本訓久 澤崎一了
ムゼッタ 市村柾美 林田さつき
マルチェッロ 党主税 大石洋史
ショナール 藤澤龍弥 堀内丈弘
コッリーネ 飛鳥井亮 田中大揮
ベノア/アルチンドロ 中原和人

12月オペラ「不思議の国のアリス」告知です!

アリスチラシomote

2015年6月/8月と連続して開催しましてこの企画、
年内最後は「不思議の国のアリス」です。
木下牧子作曲、大人も子供も楽しめる、
次から次へと楽しい不思議の国の仲間たちが
登場して、歌い、踊り、そして謎かけなど
盛りだくさんの90分。

アリスが白ウサギを追いかけながら
摩訶不思議な世界で冒険をする
わくわくドキドキのストーリーです。

今回は初めて小人料金も設けました。
こちらのホームページからのみお取扱いですので
下記詳細をご覧いただき
ぜひこの機会に、大人もお子様もオペラをどうぞ!!

アリスチラシura←チラシ裏面、キャストなど詳細はこちらから!

≪90分でオペラを楽しもう企画/第3回≫

◆日時:12/10(木)
1日2回公演/ダブルキャスト(一部シングル)
◆会場:豊島区民センター(コア・いけぶくろ)
文化ホール(客席数214席)
http://www.toshima-mirai.jp/center/a_kumin/page.html#bunka

◆主催:いちおぺら(ICHI-OPERA)
◆協力:(公財)としまみらい文化財団
◆監修:坂本和彦(としま未来文化財団芸術監督)
◆演目:オペラ「不思議の国のアリス」
(原語/日本語公演)
◆作曲:木下牧子
※プロジェクションマッピング演出(ICHI-OPERA)

◆チケット大人4000円 小人1000円(全自由席)
【小人チケット扱い】
※当ホームページのみ扱い。
大人の方同伴(チケット購入)の上、小人枚数をお知らせ下さい。
追って受け取り方法のご連絡をさせていただきます。

◆時間:(昼公演)13:00/(夜公演)19:00開演
◆上演時間:約90分(途中休憩15分程)
◆販売開始:10/1~

【音楽スタッフ】

指揮           松田義生
ピアニスト        下岡達朗

【キャスト】左:昼公演/右:夜公演
(※=シングルキャスト)

アリス(S)      市村柾美/室井葉子

姉・ユリ(S)       木村愛子※

白うさぎ(S)      山邊聖美/加藤美帆

笑い猫(Br)        藤澤龍弥※

ドードー鳥(B)武井雷俊(劇団アッカパッラメント座)※

公爵夫人・ケシ1(S)  林田さつき/齋藤澄佳

ジャック(T)       石福敏伸※

帽子屋(T)        荒木俊雅※

女王・ケシ2(Ms)   浪川佳代/村山舞

王(Br)         田中大揮※

アンサンブル   石川和樹※
         肥沼勇人(Soymilkmanagement)※

8月21日 第2回「90分でオペラを楽しもう」どろぼうとオールドミス

どろぼうとオールドミス

いちおぺら第2弾!
その名も「泥棒とオールドミス」です。

なんともいかがわしいタイトルですが、
これまたコメディの傑作版です。

おばちゃまたちの奮闘と
そこに迷い込んだ(?)色男ボブをめぐり
七転八倒のドラマが繰り広げられます。

思いっきり笑いながら
観ていただきたい作品です。
是非劇場に観にきて下さい===!!!

追記:2015/07/02

今回、指揮を佐藤和男氏にお願いする運びとなりました。
より音楽のパワーUPが
期待できますね!

どうぞお楽しみに!

■第2回「90分でオペラを楽しもう」
オペラ「どろぼうとオールドミス」日本語公演
作曲:メノッティ

■日時:8/21(金)1日2回公演(ダブルキャスト)

■会場:豊島区民センター(コア・いけぶくろ)文化ホール
(客席数214席)

http://www.toshima-mirai.jp/center/a_kumin/page.html#bunka

■主催:いちおぺら(ICHI-OPERA)
■協力:(公財)としまみらい文化財団
■監修:坂本和彦(としま未来文化財団芸術監督)

■キャスト

≪昼公演≫13時開演

ミス・トッド 杣友惠子
レティーシャ 党静子
ミス・ピンカートン 出口麻美
ボブ 岡山肇

≪夜公演≫19時開演

ミス・トッド 浪川佳代
レティーシャ 市村柾美
ミス・ピンカートン 林田さつき
ボブ 大石 洋史

指揮:佐藤和男
ピアノ:下岡達朗

チケット料金:4000円(全自由席)

チケットお申込み

■いちおぺらホームページ

■としまみらいチケットセンター
(問い合わせ・販売開始は6/20~)→0335905321
(午前8:30~午後9:30)
※偶数月第3月曜日は午後5:00まで

※未就学児につきましてはご遠慮いただきますよう
お願い申し上げます。

※チラシ地図の中に「豊島区役所」が掲載されていますが
現在新庁舎ができたためこちらは「旧豊島区役所」になるそうです。ご注意下さい。