リモート、リモート演奏、映像編集、動画編集、映像配置、」タグアーカイブ

#9.リモート演奏で編集してみた~編集④タイトルや字幕などを挿入~

リモート演奏の編集でやること4/5「タイトルや字幕などを挿入(テロップ入れ)」

ここまでは「映像」に関しての編集についてお話をしてきましたが、
今回は「字幕」についての編集での気づきをシェアできたらいいなと思います。

「本編映像編集でやったこと5つ

【①映像配置】

【②画面転換/効果(トランジション)】

【③色合い(カラー補正)】

【④テロップ(字幕)】←今回コレ!!

【⑤いろんなエフェクト(フレア=光/モーションなど)】

編集において字幕(テロップ)が必要になるとき4選

・タイトル
・歌詞/訳詞挿入
・効果音
・説明文

 

動画で文字を入れる必要があるのはだいたいこの4つかなと思うのですが、実際挿入してみて思ったことは

結構手間かかる!!

ということ。
文字だけ入力すれば・・・と簡単に考えていたのですが、案外映像に文字を入れるまでには細かい作業が必要で、ひとつの文章を映像に組み込もうと思ったら、だいたいこの5つの作業をワンセットで選択しながら手作業で入れて行く感じでした。

やること①
文字のフォントを選ぶ

やること②
色、大きさ、エフェクトを選ぶ

やること③
映像の時間軸に合わせて配置する

やること④
文字が出るタイミングと消えるタイミングを調整する

やること⑤
誤字脱字のチェック(大事)

 

これをひたすら文字が必要な所に繰り返しながら配置して行くわけです。
特に歌詞の場合はワンフレーズごとに入力していくので
曲によっては百回単位でテロップ入れする羽目に・・・

もちろんショートカット機能などを使ってコピペしながら作って行くので、①②は同じ内容であれば一度作れば使いまわしができるのですが、
逆に修正しようと思った場合(全体のフォント変えたり、大きさ変えたり)は、また1つずつ変更しないといけなくなる・・・とても気の遠い作業が待ち受けていたりします(恐)。

特に、注意しないといけないことが「誤字脱字」

人の名前や、歌詞などは間違ってしまうとせっかく映像がうまくいったのに「あ!何か違う」って現実に引き戻されてしまうし、何よりも正しい情報を伝えなかったことであちこちご迷惑がかかる場合があるのでとても慎重に扱わないといけないわけです。

特に編集してる時は一人で何度も同じ場面を見て修正しながら作業しているので、誤字を探すのはまるで「ウォーリーを探せ」状態。繰り返し見続けていると、目が慣れて「一体化」してしまって、おかしさに気づかなくなってしまいがち。

間違えないための「先に文章だけ別で作ったのをコピペして使う」がおススメ

間違いを防ぐためには、もし入れる内容が決まっているのであれば(名前とか歌詞とか)先に「文章だけ別の所に打ったのを確認して貰ってから、編集時にはそれをコピペして使う」のが間違いが格段に無くなったのでおススメ。

別の場所と言っても、PCなら「ワード」や「メモ」機能、スマホであれば「メールの本文」とかに入れておけば、作成するのも楽だしコピペしやすいので、映像編集をしながら直接打文字を打つ・・・よりは間違う危険がグッと下がりました。

文字に関しては一度できたら、完成の前に他の人に確認して貰うのが大切

特に動画提出に〆切があるような場合、文字はなるべく早い段階で確認して貰えた方が編集する方は気持ちが焦らずにできるし、確認で見た人も「文字の誤字」に関しては案外最後まで気付かないこともあるので(どうしても映像を主体に見てしまうと文字が背景化してぼやけて見てしまうことが多々あるので)、確認して貰う時はぜひ「文字を確認して下さい」とお願いすると、制作関係者内でお互いストレスがなく進行できるはず。

文字ひとつ変えるのもそれなりに時間がかかるということを知って、動画を作る時に文字をどれくらい入れるのか(もしくは入れないのか)打合せの段階で時間がかかることを踏まえて、制作時間から逆算して選択できるようになれば、だいぶ編集も楽になると思います。

私は「文字くらいちょちょいと入れられるだろう~」とまさかの「字幕2段(原語&日本語和訳)」というダブル文字入力を無謀にも選択。からの無限文字作業ループにはまり、しかも日本語和訳も自分で考えながら作業したのでだいぶ病みました・・・

そんな頑張って字幕を入れた証がこちら・・・

編集で間違いに気づいて変更しても、うっかり保存し忘れて結果指摘されたり、ほんと文字って「正誤がはっきり」しててごまかせないから心臓に悪い(涙)

【番外編】「サムネ」には字を入れることが多い

動画の中で「タイトル」みたいな位置づけにあって、動画とは別に設定ができる「サムネ」。
YouTubeの動画を選ぶトップ画面に表示されるだけあって、見る人はその「サムネ」に惹かれて動画を見ることがほとんどなので、動画をYouTubeなどに投稿する場合はとっても大事な「動画の顔」とも言えるワケです。

その「動画の顔」にどれだけ見る人が興味を持てるか、ということでは「インパクトのある文字」の方がより強く惹きつけられるので、動画以外でわざわざ「文字」を映像に組み込んだ画像を別で作って、動画のサムネに使う用設定することが多いようです。

特にYouTubeだと動画をUPしている最中に自動でサムネが形成されて、何個かある内から選択できるようになっているけれど、一番見てもらいたいシーンが選ばれていないことが多いので、時間があるようなら別に「サムネ用画像」というのを作っておいて、サムネを選択する所で自分の作ったものを選択できるようにしておくと、完成したときにはちゃんとした「表紙」で動画を配信することができるから良いですね。

ということで、編集の方法も次が最後の解説になりました。最後は編集の中でも高度な技が必要な「光(フレア)」や「モーション」を使ったお話し。正直ここに手を出す頃には、自分が「映像の沼」に入り込んでるなと実感しました。それくらい使えたらすごく映像に効果的だけど、もう演出の部類に入ってくるから初心者には説明すらなかなか難しい(けど無謀にもやってみた)・・・これらを経て、動画を完成させたのであります・・・。

 

 

#6.リモート演奏で編集してみた~編集①映像配置~切って揃える~

リモート演奏の編集で最初にやること1/5「映像素材の配置」

映像編集でやったこと5つのうちの1番目が「映像配置」一番頭を悩ます作業を3つのポイントで楽チンに(他4つは↓に)

「本編映像編集」でやったこと5つ

【①映像配置】←今回コレ!!

【②画面転換/効果(トランジション)】

【③色合い(カラー補正)】

【④テロップ(字幕)】

【⑤いろんなエフェクト(フレア=光/モーションなど)】

リモート演奏で、様々な映像素材が届いてやること5つのうち、
一番最初にやることは
「素材を並べる」ことなんだけど、どうやって並べるか悩んだ結果、
試行錯誤しながら「3つのこと」を考えて並べると比較的簡単に配置できるようになったのでその中身をご紹介します。
もちろん他にも色々な方法があると思いますが、私なりに40人以上の映像を
「どうやったらわちゃわちゃに見えないか」ということに重点を置いて、
頭をかきむしりながら?たどり着いた3つのアイデアなので、
もし何かのお役に立てたら嬉しいです。

素材の並べ方その①

【トランプの七ならべをするようにカテゴリー分けをしてから並べる】

 

40人以上の編集ともなると総データ量が200GBを超えてくるので、「整理整頓」は必須。

映像素材は様々な大きさ、方向、時間帯で撮ったのが送られてくるので、まずは
トランプの「七ならべ」みたいに「カテゴリーで分ける」→「並べる」で試してみると
大人数でも比較的画面に落ち着いて配置しやすくなりました。

【大人数のリモート映像素材の分け方】

・縦画面と横画面
・人物の大きさ、向き、色味
・背景が有無
・光の当たり具合(暗すぎたり色が薄かったり)

 

なるべく似たような映像を並べて、グループごとに配置してあげると、それだけで見やすい画面になってきます。
グループごとに大まかに配置してから、全体のバランスを見て個々をチェンジして行けば「全体のバランスがバラバラ」になりにくくなるのでおススメ。

人物の向きも考えて並べると、統一感が増して見えてきたり
お互いあえて逆向きに並べれば、意識がお互い外に向いてるように見えるし、ある一定方向に全員を向ければ、自然と動画を見る人はそっちに目線が動くので、それを利用するのもひとつの手。ちょっと配置するのが楽しくなってきた(ちょっとだけ)。

素材の並べ方その②

【見る人の「視点」と「速度」を常に考えて配置する】


人の目が追えるのは「動くところ1箇所」に「オートフォーカス」しながら映像を見ているので

たくさんのものが同時に動くと、情報が多すぎて目が追えない状態=見せたいものが伝わらない
だから配置するときには「見る人の視線がどうやって動くか」をイメージして、さらに欲を言えばその視線を「誘導」してあげられるような速度の工夫をしてあげると、見やすい動画になっていく。

目ん玉が追えるのは「1箇所」→それ以外はぼんやりと見える
さらに「人の目の動き」→何も考えてない状態だと、人の目は画面左上からアルファベットの「Z」を描くように見る習性がある

そう考えるとおススメの配置は

①画面上で一番見せたい画がある場合→他の画は控えめに(大きさ、色味、配置の場所、動きの速度)
②同じくらいの意味合いで見せたい→サイズや人物の大きさを揃える(何とか戦隊、みたいなイメージ)
③動きがある場合→人の目の動きが追えるのは1箇所ということを踏まえて、どこを追って欲しいか「目線の誘導」を速度を加味して全体の構図を考える。人の目は「大きく動いた所」もしくは「左上からZの軌道」で画面を追うので、それを利用して構図を考えても違和感無く自然に画面を追える

これをやるだけでも、画面上がすっきり見えてきておススメです。

素材の並べ方その③

【リモートにありがちな「人物の背景(余白)をどう扱うか」で決める】


リモート演奏の映像って、だいたい自宅やスタジオなどで撮るので、どうしてもそれぞれの生活感や場所の雰囲気が見えて、画面に並べたときに「とっちらかって見えがち」問題が生まれてしまう。それを見るとどんなことを考えて配置すればいいか悩みがち。

もちろん同じ場所でロケ撮影できれば映る背景に統一感が出るので余白は気にならないんだけれど、今はコロナ禍で集まるのは難しい・・そんな時は

作品のテーマが「物語」を届けたいか「リモートしている姿」を届けたいかで余白を考えて並べるのも一つの手ではないかなと思います。

例えばひとつのリモート映像を作るとして

【余白少なめに並べる】
作品のテーマが「物語」を伝えたい

なるべく人物周りの余白を写さないようにするかわりに、背景余白には「物語の世界観」を統一するよう他の背景やアイテム、エフェクトなどを多めに起用してみる。

【余白多めに並べる(もしくは貰った映像そのまんま使う)】
作品のテーマが「リモートしている姿」を伝えたい

余白にうつる背景はその人の生活感が出やすいので、見る側は「演奏してる人の雰囲気」を味わうことができる。アットホームな空気感や、親近感がわきやすい。

この3つを基準に並べ方を考えて配置すると、たくさんの映像が来ても比較的簡単に映像を並べられるようになりました。

おさらい~映像素材の並べ方③つ~

①【トランプの七ならべをするように方向を合わせる】
バラバラに届いた映像でも統一感が出てくる

②【見る人の「視点」を常に考えて配置する】
人の「目の動き」に合わせて見せたい画を誘導して配置する

③【リモートにありがちな「人物の背景(余白)をどう扱うか」で決める】
「物語」を届けたいなら余白なし、「リモートしている姿」なら余白残しがおススメ


これを考えながら、40人以上の編集をする時に具体的に私が選んだのは・・・

①縦映像と横映像に分けて、方向はなるべく隣同士視線が合わない様に配置
(視線が向かい合うとそこに変な意味が生まれて見えて変に意図があるように見えたので)

②指揮者がいるので、常に中央で視線を安定させて(色味もオレンジで目を引く色合いに調整)
周りは音楽のテンポ感と海の青味、波をイメージした配置、人数が多いのでなるべく人酔いしないように場面転換しても配置が極端に変わらないように配置

③「リモートをしている姿」を届けるために、各自の背景は採用。ただそれだけだとオペラの世界観がちょっと「とっ散らかってる」に寄ってしまいそうだったので、全体の時は人物を透過して、バックにある海の映像と混ぜることで、音楽の世界観と人物の色味を合わせて演奏の雰囲気を出したりと、工夫もしながら配置を考えてみた

 

そして出来上がった作品がこちら

人数が多くなればなるほど、配置(特に全体が見える所とか)に悩むけれど、
色々並べながら分かったことが多かったので
とても勉強になりました。
実は1箇所「あえて視線を操作して意味を持たせたシーン」もこっそり作ってますが分かるかな(笑)

あー、編集の楽しさが分かってきた感じ(*ノωノ)
でも、これだけの人数を配置するのに何度も何度もカクカクして夜な夜な発狂していたのも事実。
今では良い思い出になりつつあるのが幸いです。。。

他にも何箇所か「細かすぎてわからない選手権」みたいなところを作ってあるので、
それはまた次の記事からネタバレして行きます(*ノωノ)

次は2/5「【②画面転換/効果(トランジション)】→次のシーンに行くときに画面の切り替え方法」について詳しく書いていこうと思います!